自動車保険の基礎知識:自損事故保険と無保険車傷害保険

自分の運転ミスにより自損事故を起こしてしまった場合、大ケガをしても相手がいないので、対人賠償保険は使えません。そこで使えるのが自損事故保険になります。保険の対象はドライバー自身だけでなく、搭乗者にも適応され、補償を受けることができます。しかし、任意保険に自動付帯されるものなので、対人賠償保険とは違って、保険金額の上限は決まっています。保険金額は死亡時で1500万円、後遺障害保険金が50~2000万円、介護費用保険金が200~350万円になっています。なお、保険を使うと翌年から保険料が大幅にアップします。保険を請求する際にはそれも考慮して請求するか判断する必要があります。
無保険車傷害保険は、契約者が被害者になったとき、当て逃げなどで加害者が誰かわからない場合や、相手がわかっていても保険に入ってなかったり、保険が切れていたりする場合などに補償が受けられる保険です。また相手が保険に入っていても、相手の任意保険金額が損害額を下回って場合にも保険が適応されます。保険金額は最大で2億円まで支払い可能です。契約車両に乗車している人に補償される保険ですが、被保険者、被保険者の配偶者、被保険者の同居親族や別居の未婚の子供が歩行中に事故にあった場合にも補償をうけられます。
保険会社にはそれぞれ相性もあると思います。途中でやっぱり他の会社やプランに変えたい!そう思ったらこのホームページをお勧めします。