補償される保険金額の上限

自動車保険には対物対人無制限という表現がなされることが珍しくありません。この様な表記があると何があっても安心と考えてしまうものですが、実際には上限があることが一般的なのです。そのため注意が必要であるということはあまり知られていません。
例えば車両保険に入っている場合、事故で全損してしまえばその車をもう一度購入するだけの保険金が下りるか、新しい車が手配されると考えるのはそれほど不思議なことではありません。しかし現実的にはその様な対処がされることはまずありません。車両保険の補償には上限があり、保険をかけていた車の評価額以上の補償はしないという原則があるのです。
実際に毎年の保険料も車両の価値に合わせて低下していく仕組みになっていますので筋の通った話ではあります。自動車保険としては現在の車の価値を補償する保険料を徴収しているのです。そのため現在の車両の価値は車種と年式によって大体決められます。その保険金額の参考にされるのが中古車市場の相場なのです。そのため事故に合った場合、例え車両が全損して車両保険を申請したとしても、これまでと同じ車を手配することが出来ないということは非常によく起こり得ることなのです。

コメントは受け付けていません。