単独事故は自損事故保険で

わき見運転をしてガードレールに衝突したり、信号無視してぶつかったり、といった単独事故は、本人の過失が100%であり、相手がいないため、相手側から補償してもらうことができません。そのような場合は、自損事故保険で損害をカバーすることができます。

 
この保険は、対人賠償保険に加入すれば、自動的に加入することになります。運転者の過失が100%の事故に適用され、搭乗者全員の怪我を補償してくれます。

 
対人補償保険に加入している人はほぼこの補償を受けられるのですが、意外に知らない人も多く、単独事故の場合は、実費で治療費を払ってしまう人も中には居るようです。どんな補償が受けられるのか、自分の加入している保険会社に問い合わせてみる必要があります。この保険は、例えば入院すると一日6000円、通院の場合4000円が支払われます。また、死亡した場合には1500万円、後遺症が残った場合は、その程度に応じて50万円から2000万円ほどが支払われます。

 
なお、この保険は、自身の過失が100%の場合に適用されるものであるため、相手がいても、過失が100%であれば支払われます。ですから、停車中の車に追突した場合や、無理な追い越しの際に対向車とぶつかった場合も補償の対象になります。

コメントは受け付けていません。