まずは加入状況の確認をしよう

自動車を運転中の事故といっても、常に相手がある事故ばかりとは限りません。よそ見運転をして道路沿いのガードレールや電信柱に激突してしまったというような単独事故も意外と多いものです。

 
このような場合には、事故の相手方があることが前提となっている「対人賠償責任保険」は利用することができず、そのままでは保険金が下りないといった事態に陥ってしまいます。

 
これを防ぐための保険が「自損事故保険」と呼ばれるもので、仮にこの保険に加入している場合には、単独事故であっても、運転していた本人のほか、その車に同乗していた人すべてのケガなどの人身上の被害に対応することができます。

 
ただし、支払われる保険金の上限である保険金額が無制限のタイプもある「対人賠償責任保険」とは異なり、「自損事故保険」の場合、後遺障害保険金は最高2,000万円、介護費用保険金は最高350万円、医療保険金は入院1日あたり最高6,000円、通院であれば1日あたり最高4,000円までといった限度額が定められています。

 
搭乗者の被害を補償する人身傷害補償特約が別に掛けられている場合、この保険と補償内容が重複しますので、契約内容がどのようになっているか、保険証券を見て確認しておきましょう。

コメントは受け付けていません。