トラブルケース「相手の自賠責保険が切れているor未加入」

車両法により、公道を走る車両のすべては、自動車賠償責任保険、通称自賠責保険に必ず加入していなくてはいけません。
そうでない場合には車検も通らないのです。

 
しかし、事故を起こした相手が必ず有効な自賠責に加入していない可能性はなきにしあらずです。
例えば、違法ではありますが、車検切れ、つまりは保険の期限切れの場合もありえるでしょう。
あるいは、盗難車ということもありえます。

 
そして最も多いのが、個人から個人へ譲渡により、その直後などで、名義を変更していない車もその限りです。
こうした車は無保険車として扱われます。

 
あるいは加入していたとしても、その賠償の範囲では賄えず、しかも任意保険にも未加入の場合も同様です。
無論、その任意保険でも賄えない場合も含まれます。

 
そのほか、当て逃げなど相手が特定できないものの、人身傷害の被害にあった場合も、意味合いは違いますが、無保険者傷害として扱われます。
こうしたケースで被害者を賠償するのが、無保険者傷害保険です。

 
これは自分が加入する任意保険の対人賠償保険の上限額と同額までが保証されるもので、単独と特約付帯があります。
ただし適用の範囲は脂肪および後遺症障害のための治療費で、休業補償などはこれに含まれません。

 
しかし、任意保険の対人賠償額上限が無制限なら、同様に無制限まで補償されますので、備えておくべき保険です。

 

コメントは受け付けていません。