無保険車傷害保険は心強い味方

交通事故が起きたときに、相手方が自賠責保険以外の保険(任意保険)に加入していない、いわゆる無保険車である可能性があります。無保険車相手の事故の場合は、相手方からの補償は自賠責保険の範囲内でしか行われず、本来受けられるべき補償を受けられない可能性があります。このような場合、自動車保険の加入時に無保険車傷害保険の特約をつけていれば、不足している補償分がカバーされて十分な補償が受けられるようになります。

 
ただし、この傷害保険に関してはいくつか注意すべき点があります。まず、この傷害保険を受けられる条件は、保険がかかっている車を主に運転する者(記名被保険者)とその家族が、無保険車との自動車事故により死亡したり、後遺障害を抱えてしまった場合に限られます。傷害保険という名称にはなっていますが、完治可能な傷害の場合はこの保険は適用されません。

 
また、この傷害保険では休業補償などの損害の支払いが行われない点も注意が必要です。搭乗者傷害保険や人身傷害補償保険に入っていなかったら、無保険車との事故により業務を休まなければならない事態になった場合に補償が受けられないことになります。逆に、これらの保険に加入している場合は、保険金の支払い時には搭乗者傷害保険や人身傷害補償保険の方が優先して適用されるため、事故により被った損害について十分な補償を受けることができます。

コメントは受け付けていません。