トラブルケース「相手の保険が使えない」

普通に常識をわきまえている人であるなら自動車と賠償はセットになっているはずです。しかし、世の中には非常識な人もいますから「自分は事故を起こさない」とか「他人を傷つけない」と決め付けてハンドル握っている人もいます。また、常識はありながら事故に対する感覚が弱いために賠償金額が低く設定されていることもあります。

 
このような人の運転する車でケガをさせられますと、「相手から賠償を受けられない」ということになってしまいます。そうしたときのためにあるのが無保険者傷害です。これは相手から賠償を受けられないときに補償してくれるものです。かつては対人賠償に自動付帯していることが多かったのですが、最近では会社ごとにわかれていますので確認する必要があります。

 
このように相手が賠償できないときに補償するものですが、注意が必要なことがあります。それは死亡と後遺障害に対してのみ支払われることです。ですから、ケガをして治療費や休業損害や医者料などで200万円要したケースでは満額を補償されることができません。因みに、120万円までは自賠責で補償されます。

 
このように200万円の場合には補償されませんが、そういうケースでも補償されるのが人身傷害です。

コメントは受け付けていません。