トラブルケース「相手方の任意保険金額が損害額を下回る」

自動車保険の最も多いイメージは自分が他人を怪我させたときに賠償してくれるということです。こうしたイメージがありますので、自分が被害者になったときも相手の自動車保険で賠償を受けられると思っている人が大半です。

 
ですが、場合によっては賠償を受けられないこともあります。それは、相手が任意保険の賠償額が少ない場合です。中には「少ない」どころか「保険に加入していない」こともあります。そうしたときは納得できる賠償を受けられないことになります。

 
例えば、相手の任意保険金額が3千万だったときに、死亡により本来は5千万円の賠償が受けられたとしても相手の支払い能力がないなら賠償を受けることはできません。仮に無保険だった場合で支払い能力もないケースでは損害額を全く受けられず泣き寝入りをするしか対処する術がないことになります。
そうしたときに役に立つのが人身傷害保険です。この保険は自分や搭乗者の怪我を保険金の範囲内で補償する保険ですので相手方の賠償金額に関係なく補償を受け取ることができます。また、過失割合も関係ありませんのでその点においても安心です。

 
相手の任意保険に関しては自分ではどうすることもできませんので、そうしたことにも備えておくことは大切です。

コメントは受け付けていません。